新着記事
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20
07/17
07/17
07/11
07/04
06/28
06/27

2012年12月16日

薬剤師的話題(2012.12.16):なぜ日本の風邪薬は、無理することが前提になっているのだろうか 他

アレロックなど9成分に後発品が初参入 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

名称変更などの代替新規も含めて収載品目数が最多だったのは、日医工の109品目で、これに沢井製薬の38品目、大正薬品工業の32品目、東和薬品の25品目などと続いた


疾患からみた臨床薬理学

 疾患からみた臨床薬理学

気にかかる衆院総選挙の行方 : 薬事日報ウェブサイト

薬剤師では、民主から三井辨雄氏、逢坂誠二氏、樋口俊一氏、自民からは松本純氏、渡嘉敷奈緒美氏らが立候補しており、何人の薬剤師議員が誕生するのかが業界関係者の関心事といえよう


薬剤師の復職をサポートする書籍、できました:日経メディカル オンライン

医療の現場は、一見ゆっくりしているようだが、やはり日々進歩している。新薬が登場したり、今までスタンダードと言われていた治療法が行われなくなったり……


なぜ日本の風邪薬は、無理することが前提になっているのだろうか - 脱社畜ブログ

風邪を引いても無理して会社に行くような人ばかりが周囲にいると、同調圧力で自分も多少は辛くても頑張らないといけないのかな、と思ってしまう。日本の風邪薬のCMや広告は、この同調圧力を高めるのに一役買っているとも言える

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60804075


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...