新着記事
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28

2013年02月10日

薬剤師的話題(2013.2.10):「NSAIDsによる血圧の上昇」という一般化をはねつける 他

薬のドーピング適否が分かるiPhone向けアプリが登場:DIオンライン

処方箋に記載されたQRコードをiPhoneのカメラで読み取ることで、自動的に処方薬の種類を判別する。それと同時に、その処方薬が世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が規定するドーピング禁止物質に該当しているか否かも自動的にチェックされる


在宅医療が日本を変える キュアからケアへのパラダイムチェンジ

 在宅医療が日本を変える キュアからケアへのパラダイムチェンジ

薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ ≫ 後発品の2大加算に「疑問符」

要するに、一般名処方の加算は、医療機関に「只くれ」状態になっているわけです。ここをどうするか。14年度改定の大テーマになるでしょう


「NSAIDsによる血圧の上昇」という一般化をはねつける: 薬歴公開 byひのくにノ薬局薬剤師。

僕らは一般化された知識を用いて患者応対にあたる。でも個別の症例にあたるときは個人のデータを蓄積し、それを活用するべきなのだ。そのための薬歴、そのためのかかりつけだった


薬も男女別でなくてはならない ≪ WIRED.jp

アメリカの食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)が、非常に一般的な睡眠薬であるゾルピデムの有効成分の、男女別の量の違いを設定した。じきに薬局には、男性用と女性用が置かれるようになるだろう。後者はなんと半分の有効成分しか含有しないという

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62257541


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...