新着記事

2007年10月30日

アステラス製薬の評価が高い

薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査、もっとも評価が高かった企業はアステラス製薬(マイライフ手帳@ニュース)

薬剤師を対象とした製薬企業イメージ調査−ちなみに私も回答者の一人ですが−で、最も評価が高かったのがアステラス製薬だということです。

アステラス製薬株式会社

MRの印象はその企業の印象に直結しますので、アステラス製薬の評価が高いということは、同社のMRの質が高いと言ってもいいのではないかと思います。

山之内製薬と藤沢薬品が合併してMRの人員的な余裕があったから、かどうかは知りませんが、私が薬局やっていた時にもアステラス製薬のMR氏の顔を見た印象は結構残っています。


ちなみにこの調査、医療経営コンサルティング、薬剤師専門調査会社のネグジット総研が行っていますが、11月9日までの期間限定で新規登録キャンペーンをやっているとのことです。

【期間限定】MMR会員新規登録キャンペーン実施中!

この記事へのコメント
MRの評価は確かに企業イメージの一要因ではありますが、それだけってわけにはいかないですかねぇ、私の場合は。
それにMRの評価って、その方自身の個性と、こちらとの相性とかの問題もありますしね。

例えばウチの薬局の場合、第一三共のMRがほとんど顔を出して来ませんが、同社が発行している患者向けパンフレットの「からだにeレシピ」シリーズや、「HEALTHY COUNTER」が個人的にとても評価が高く、こういう所に力を入れるメーカーには高評価を与えたいです。
実際のところ、今の世の中、医薬品情報はネット上でどうにでもなりますし。

横にそれますと、ご存知の方も多いかと思いますが、「からだにeレシピ」シリーズは『高血圧』、『高脂血症』、『糖尿病』とカテゴリー分けされております。定期的に新しいものが刊行されており、バラエティに富んだメニューがあって、読んでいるだけでも結構楽しいしためになりますね。
ホント、患者にも大人気で、50冊単位で注文入れても、1週間もせずに全て無くなってしまうんですよね。
あれはホントに良いものです♪
Posted by さつき at 2007年10月30日 01:10
>さつき様
もちろん企業の印象全てMRが背負っているわけではないですが、直接顔を見て話をする窓口となるだけに、影響は大きいかなと。

仰るように個性・相性も大きな問題で、それでとあるメーカーの印象が最悪、というケースもありますね、実際。

第一三共のパンフレットは知りませんでした。ちょっと聞いてみようかな。
Posted by くま☆ at 2007年10月30日 01:17
私個人的にはエーザイを挙げたいです。

小包装ウィークリーの充実、箱の開けやすさ、バラ100T包装、プラボトルのシールの外し易さ、など
あんまりMRは関係ないですね
自分がMRとして元勤めていたとこはあんまりですw
Posted by kense at 2007年10月30日 10:25
>kense様
同意見です>エーザイ
業務上の手間軽減や環境への配慮など、企業として欠かせない部分に力が入っていると感じます。
Posted by くま☆ at 2007年11月01日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6306798


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...