新着記事

2006年06月30日

テバ社(イスラエル)、沢井製薬を買収か?

沢井製薬、テバの買収対象との報道で思惑買い(2006/6/30 ロイター)

私は株をやりませんのでその辺のことは分かりませんが、こういった報道が出てくるのも不思議ではありませんね。後発医薬品市場に外資参入、国内メーカー淘汰の条件は揃ってきています。

この件、Medical Marketing Lab.様でも記事を書かれています。
世界最大手ジェネリック企業テバ(イスラエル)、沢井製薬を買収か?

沢井製薬って同族企業じゃなかったでしたっけ?あまり簡単に買収に応じるとは思えませんが。敵対的買収といった可能性もあるのかもしれませんね。

今後こういった報道はますます増えてくるでしょう。薬局の人間としても非常に気になります。注意深く見守っていきたいと思います。

この記事へのコメント
薬価改定すればかならずマイナス改定という現状見れば、ここ数年かなりの業界再編がすすんできました。

後発品医薬品の使用促進は今後さらなる業界再編のためにいろんなことが起きてきますね。

本当に強い会社がわが国でできるのか興味深いところではあります
Posted by よのなか3 at 2006年06月30日 16:41
>よのなか3様
田辺製薬が後発医薬品へ参入することを表明しましたよね。それを考えると、先発メーカーも含めた再編がまだまだあるような感じを受けます。
Posted by くま☆ at 2006年06月30日 17:46
数ヶ月前、診療報酬改定がほぼ決まり、各後発メーカーがアプローチを始めてきた頃に、我が家の情報源が「後発・後発と強調しているといずれ、外資3社(テバとランバクター(?)ともう一社インドの会社)に買われちゃうぞ〜」と冗談ぽく、言っていたんですが、本当になるかも知れないんですねっ。
いや〜、ビックリ。
でも、沢井で4大後発メーカーの中でも品質管理とかが一番しっかりしているという印象があるので狙われたのかな?
Posted by はまなす at 2006年06月30日 22:53
>はまなす様
沢井製薬のコメント出てました。
http://www.sawai.co.jp/press/2006/20060630.html

外資参入が買収という形になることはあり得るでしょうが、沢井製薬というのがちょっと驚きです。日医工・東和薬品との規格揃えで協同歩調を取っていたこともあり。

まだ先は分かりませんが、沢井製薬が買収されることになれば、他のメーカーに手が及んだ場合、あっという間に再編の波に飲まれてしまうこと確実ですね。
Posted by くま☆ at 2006年07月01日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントは承認後の表示となります。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/920118


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...