新着記事


2017年09月21日

[日経DI]「服薬指導後の薬剤の配送は合法」の未来は?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 経済産業省が調剤の手順(薬局での事業フロー)について回答したことが話題になっています。DI Onlineでもニュースになっていましたね。薬局を監督・管轄する省庁はご存知のように厚生労働省です。しかし今回、回答を示したのは経産省。これがまた何ともまた面白い(?)ですね。とはいえ、関係省庁が検討を行ったとあり、今回は厚労大臣が規制所管大臣であると明記されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「服薬指導後の薬剤の配送は合法」の未来は?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201709/552869.html

2017年09月06日

[日経DI]コンビニに学ぶ、薬局が多様な機能を持つ時代に

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局としばしば比較されるコンビニ。私の個人的なお気に入りはセブンイレブンで、よく利用するのですが、最近のコンビニは「コンビニエンス(便利)ストア」の名前にたがわず、本当にいろいろなモノやサービスを扱っていますね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:コンビニに学ぶ、薬局が多様な機能を持つ時代に
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201709/552596.html

2017年08月30日

[日経DI]疑義照会で誤りを素直に認めた医師

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 普段、当薬局を利用していただいている70代男性の患者さん。先日持参された処方箋で確認の必要があったので、医師に疑義照会をしたときの話を今回取り上げます。時刻は13時過ぎ、お昼休みを取る医療機関が多いので、患者さんにも「もしかしたら電話に出てもらえないかもしれません」と伝えてから電話をしました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:疑義照会で誤りを素直に認めた医師
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201708/552520.html

2017年08月23日

[日経DI]敷地内薬局というビジネスモデルへの不安

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 全国各地に広がりそうな様相を見せている敷地内薬局ですが、敷地内というその形態に厳しい目が向けられていると感じているのは、私だけではないと思います。そんな中、鳥取県薬剤師会の会長自らが敷地内薬局に名乗りを上げ、優先交渉権を取得したことが話題になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:敷地内薬局というビジネスモデルへの不安
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201708/552443.html

2017年08月01日

[日経DI]緊急避妊薬のOTC化見送りで試される薬剤師

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 7月26日に開かれた医療用医薬品のスイッチOTC化を検討するための「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、緊急避妊薬レボノルゲストレル(商品名ノルレボ)が「時期尚早」として見送られたことが取り上げられ、話題になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:緊急避妊薬のOTC化見送りで試される薬剤師
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201708/552207.html

2017年07月25日

[日経DI]「見て盗む」、その根底にあるものとは

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今年の第I期の実務実習が終わりましたね。といっても、私のところで実習生を受け入れているわけではないので、SNSなどでそのことを知ったのですが。指導薬剤師の先生方の苦悩や喜びの声もチラホラ聞かれます。後進を育てるということ、それはとても大変なことだと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「見て盗む」、その根底にあるものとは
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/552136.html

2017年07月20日

[日経DI]薬局の副作用報告は医療機関と連名ですべき?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 厚生労働省の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会の第2回会合で、「医療関係者の副作用報告ガイダンス骨子」について議論されました。骨子はウェブサイト上でも閲覧ができ(同部会資料の参考資料7が骨子です)、副作用報告を促進するための医療機関と薬局の対応などについて書かれています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局の副作用報告は医療機関と連名ですべき?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/552080.html

2017年07月12日

[日経DI]7月にカイロを購入できるのはどこ?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 九州方面での大雨が被害をもたらしました。線状降水帯という言葉を初めて聞きましたし、「これまでに経験したことのない大雨」という表現にも、大きな不安と驚きを覚えました。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:7月にカイロを購入できるのはどこ?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/552012.html


2017年07月04日

[日経DI]豊田議員問題で思い出した、あの「事件」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 「このハゲーッ!」この衝撃的なフレーズを1週間で何回聞いたでしょうか。そのたびに「私はハゲではなく、自ら坊主にしているのである」と心の中で唱えているのですが、結局のところ、強がり以外の何者でもないということに最近、気が付きました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:豊田議員問題で思い出した、あの「事件」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/551917.html

2017年06月28日

[日経DI]アセトアミノフェンの原薬問題で考えたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 私たち薬剤師は、製薬メーカーの名前は普段聞き慣れていますが、原薬メーカーの名前を聞いてもなかなかピンと来ないと思います。和歌山市にある山本化学工業という原薬メーカーが、届出内容と異なる原料を用いてアセトアミノフェンを製造していたことが報道されていますね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:アセトアミノフェンの原薬問題で考えたこと
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201706/551800.html

2017年06月21日

[日経DI]一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 既に1カ月ほど前の話なのですが、厚生労働省保険局医療課が2016年度診療報酬改定の疑義解釈資料(その11)を発表しました。同省のウェブサイトでも公開されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201706/551734.html

2017年06月15日

[日経DI]薬剤師免許は必要なのかと聞かれたら

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 皆さんは経済学者の池田信夫氏をご存知でしょうか。最近、彼のツイッター上で薬局や薬剤師免許に話が及んで、“にぎやか”になったようです(いわゆる炎上状態)。薬局、薬剤師免許に関連した池田氏の主張を少し紹介します。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師免許は必要なのかと聞かれたら
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201706/551705.html

2017年06月01日

[日経DI]開設可能な薬局数に上限を設けるべき

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回は薬局のフランチャイズ化の是非について話題にしましたが、今回も関連する話題を取り上げます。以前からの私の持論の1つでもあるのですが、内容は「1人(1法人)が開設できる薬局の数に上限を設けるべき」というものです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:開設可能な薬局数に上限を設けるべき
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201706/551469.html

2017年05月24日

[日経DI]個人薬局のフランチャイズ化には「大反対」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 厚生労働省保険局長の鈴木康裕氏が、「薬剤師が1人の薬局はフランチャイズのようなかたちも一考に値する」という旨の発言をしたと、複数の業界誌が報道しています。日本保険薬局協会(NPhA)が主催する会で行われた講演ですので、リップサービスがあることも考慮する必要がありますが、今回は薬局のフランチャイズについて少し考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:個人薬局のフランチャイズ化には「大反対」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201705/551371.html

2017年05月17日

[日経DI]「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日のこと、50代の男性が1枚の処方箋を持参しました。処方箋を受け取りレセコンに入力したところ、当薬局を初めて利用する方であることが分かりました。そこで、「初めてのご来局ですので、お手数ですが、こちらにご記入をお願いします」と、その男性に初回質問票を差し出します。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201705/551293.html

2017年05月09日

[日経DI]クオールは嵐が過ぎ去るのを待っているのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 クオールの処方箋付け替え問題ですが、その後も余波が続いていますね。話題になったのは、実務実習に関してで、東京理科大学が同社での実習を辞退したということです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:クオールは嵐が過ぎ去るのを待っているのか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201705/551222.html

2017年04月25日

[日経DI]財務省の薬価制度の改革資料に驚き

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 財務省の財政制度等審議会財政制度分科会が4月20日に開催され、その資料がウェブサイト上で公開されています。既にご覧になった方も多いのではないかと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:財務省の薬価制度の改革資料に驚き
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/551066.html

2017年04月18日

[日経DI]クオールの処方箋付け替え問題を耳にして

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 報道から知る情報のみですが、大手調剤薬局チェーンのクオールが秋田県において、処方箋の付け替えを行ったそうです。付け替えというのは簡単に言えば、ある患者がA薬局に持ち込んだ処方箋を、実際には調剤していないB薬局で保険請求を行うことです。これによりA薬局とB薬局の処方箋集中率が変動するので、調剤基本料などが変わり、薬局の収入に大きく影響する可能性があります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:クオールの処方箋付け替え問題を耳にして
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/551003.html

2017年04月11日

[日経DI]薬剤師・薬局に実績が求められる時代に

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局業界でしばらく前から、「KPI」というちょっと聞き慣れない言葉がちらほらと話題になっています。私たちも日常的に、CYP(薬物代謝酵素チトクローム450)とかBUN(尿素窒素)といったようにアルファベット3文字の言葉を頻用していますが、KPIとは一体何なのでしょうか。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師・薬局に実績が求められる時代に
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/550935.html

2017年04月05日

[日経DI]現場の良心や自律を頼りにできない悲しい現実

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 来年4月の2018年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会(中医協)での議論が活発になってきました。中でも、「かかりつけ薬剤師」については、診療側からも支払い側からも、非常に厳しい声が上がっていると報道されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:現場の良心や自律を頼りにできない悲しい現実
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/550786.html

2017年03月28日

[日経DI]医療従事者の不適切な行動を防ぐ手立ては?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 3月半ば、広島県福山市の福山友愛病院で薬剤の不適切な投与があったという新聞報道がありました。念のために概要を紹介すると、2016年11〜12月に、パーキンソン病治療薬のレキップ(一般名ロピニロール塩酸塩)を本来は必要がない統合失調症などの患者6人に投与したというものです。同病院の法人の理事を務める医師(既に退職済み)が、同薬の使用期限が迫っていることを知り、在庫処分のために不必要な投与を行ったことが理由の1つだったと報道されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医療従事者の不適切な行動を防ぐ手立ては?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550704.html

2017年03月22日

[日経DI]門前の食事処にて、ふと門前薬局を考える



DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週末、卒業式が済んだ小学生の息子を連れて、旅行に行ってきました。息子の強い希望があり、場所は岩手県の平泉、目的は世界遺産にもなっている中尊寺金色堂を参拝することです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:門前の食事処にて、ふと門前薬局を考える
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550634.html

2017年03月09日

[日経DI]「これ以上はやっていけません」と言えるか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ヤマト運輸が今秋をめどに全面的な値上げを目指すなど、抜本的な見直しに着手するという話がニュースになっています。その理由として、人手不足が挙げられていますが、その背景には構造的な問題があるようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「これ以上はやっていけません」と言えるか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550520.html

2017年03月01日

[日経DI]「鑑査システム」とかけて「レジ打ち」と解く

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 昨年(2016年)8月の話になりますが、私の薬局に医薬品の調剤鑑査システムを導入しました。既に多くの薬局で導入されているでしょうから、周回遅れの話題になってしまうかもしれませんが、半年間使ってみての感想などをご紹介したいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「鑑査システム」とかけて「レジ打ち」と解く
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550347.html

2017年02月22日

[日経DI]オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週のある日、卸MS氏に案内してもらったのをきっかけに知ったのですが、第一三共エスファがオーソライズド・ジェネリック(AG)の販売を強化するとのこと。同社のホームページにもその旨のアナウンスが掲載されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550257.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...