新着記事


2017年04月18日

[日経DI]クオールの処方箋付け替え問題を耳にして

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 報道から知る情報のみですが、大手調剤薬局チェーンのクオールが秋田県において、処方箋の付け替えを行ったそうです。付け替えというのは簡単に言えば、ある患者がA薬局に持ち込んだ処方箋を、実際には調剤していないB薬局で保険請求を行うことです。これによりA薬局とB薬局の処方箋集中率が変動するので、調剤基本料などが変わり、薬局の収入に大きく影響する可能性があります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:クオールの処方箋付け替え問題を耳にして
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/551003.html

2017年04月11日

[日経DI]薬剤師・薬局に実績が求められる時代に

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局業界でしばらく前から、「KPI」というちょっと聞き慣れない言葉がちらほらと話題になっています。私たちも日常的に、CYP(薬物代謝酵素チトクローム450)とかBUN(尿素窒素)といったようにアルファベット3文字の言葉を頻用していますが、KPIとは一体何なのでしょうか。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師・薬局に実績が求められる時代に
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/550935.html

2017年04月05日

[日経DI]現場の良心や自律を頼りにできない悲しい現実

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 来年4月の2018年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会(中医協)での議論が活発になってきました。中でも、「かかりつけ薬剤師」については、診療側からも支払い側からも、非常に厳しい声が上がっていると報道されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:現場の良心や自律を頼りにできない悲しい現実
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201704/550786.html

2017年03月28日

[日経DI]医療従事者の不適切な行動を防ぐ手立ては?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 3月半ば、広島県福山市の福山友愛病院で薬剤の不適切な投与があったという新聞報道がありました。念のために概要を紹介すると、2016年11〜12月に、パーキンソン病治療薬のレキップ(一般名ロピニロール塩酸塩)を本来は必要がない統合失調症などの患者6人に投与したというものです。同病院の法人の理事を務める医師(既に退職済み)が、同薬の使用期限が迫っていることを知り、在庫処分のために不必要な投与を行ったことが理由の1つだったと報道されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医療従事者の不適切な行動を防ぐ手立ては?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550704.html

2017年03月22日

[日経DI]門前の食事処にて、ふと門前薬局を考える



DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週末、卒業式が済んだ小学生の息子を連れて、旅行に行ってきました。息子の強い希望があり、場所は岩手県の平泉、目的は世界遺産にもなっている中尊寺金色堂を参拝することです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:門前の食事処にて、ふと門前薬局を考える
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550634.html

2017年03月09日

[日経DI]「これ以上はやっていけません」と言えるか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ヤマト運輸が今秋をめどに全面的な値上げを目指すなど、抜本的な見直しに着手するという話がニュースになっています。その理由として、人手不足が挙げられていますが、その背景には構造的な問題があるようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「これ以上はやっていけません」と言えるか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550520.html

2017年03月01日

[日経DI]「鑑査システム」とかけて「レジ打ち」と解く

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 昨年(2016年)8月の話になりますが、私の薬局に医薬品の調剤鑑査システムを導入しました。既に多くの薬局で導入されているでしょうから、周回遅れの話題になってしまうかもしれませんが、半年間使ってみての感想などをご紹介したいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「鑑査システム」とかけて「レジ打ち」と解く
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201703/550347.html

2017年02月22日

[日経DI]オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週のある日、卸MS氏に案内してもらったのをきっかけに知ったのですが、第一三共エスファがオーソライズド・ジェネリック(AG)の販売を強化するとのこと。同社のホームページにもその旨のアナウンスが掲載されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550257.html

2017年02月16日

[日経DI]ハーボニー偽造品問題、日薬の対応に疑問

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先月、C型肝炎治療薬のハーボニー(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)の偽造物が出回り世間を騒がせました。事件の全容を知るにはまだ至りませんが、報道などから断片的にいろいろな情報が入ってきて、ぼんやりと全体像が見えてきた感じです。ただ、最近、厚生労働省や製薬企業などから追加の注意喚起やアナウンスはなく、現場としてははっきりしない状況で、このまま忘れ去られてしまうのではないかと少し心配です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ハーボニー偽造品問題、日薬の対応に疑問
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550160.html

2017年02月07日

[日経DI]薬剤師と警察官に共通する仕事の特徴とは

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 警察官が巡回で私の薬局を、だいたい2〜3カ月に1回のペースで訪れます。いえ、もちろん、私が決して悪いことをしたとか、人相が悪いのでマークされているだとかではありません(笑)。答えは、私の薬局では毒物劇物を扱っているため、その販売状況の確認に訪れる、というものです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師と警察官に共通する仕事の特徴とは
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550079.html

2017年02月01日

[日経DI]調剤ポイント、結局は現状追認…ですか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 調剤の一部負担金に関するポイント付与について、最近はすっかり話題にされることも少なくなりました。ところがこのたび、厚生労働省がその指導基準を明確にしたことがDI Onlineでニュースになっていました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤ポイント、結局は現状追認…ですか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/549968.html

2017年01月23日

[日経DI]ハーボニー偽造品発見が薬剤師に与える衝撃

ハーボニー


DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週から大きな話題になっているC型肝炎治療薬ハーボニー(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)の偽造品が発見されたというニュース。普段、薬局で働いていて数多くの医薬品を取り扱いますが、それが偽造されているかどうかについてほぼ疑うことはありませんでした。今回の件で、偽造医薬品に注意を払わなければならないことを改めて考えさせられました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ハーボニー偽造品発見が薬剤師に与える衝撃
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201701/549905.html

2017年01月17日

[日経DI]お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。年末年始、皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか。私は体調を崩してしまい、初詣にも行けずに、別の意味で「寝正月」となってしまいました。本年も「薬剤師的にどうでしょう」をよろしくお願いいたします。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:お茶やあめ、シールの提供をどう思いますか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201701/549795.html

2016年12月27日

[日経DI]薬局業界、今年1番のトピックは何ですか?《後編》

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 毎年のことではありますが、クリスマスが終わると、お正月に向けて畳みかけるように年末の慌ただしさに包まれますね。先週に引き続き、今年1年を振り返ってみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局業界、今年1番のトピックは何ですか?《後編》
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201612/549586.html

2016年12月20日

[日経DI]薬局業界、今年1番のトピックは何ですか?《前編》

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今年も残すところ、あと10日ほどになりました。年末年始のお休みを控えての年の瀬、また気ぜわしさからくる「駆け込み受診」もあり、薬局の窓口も慌ただしい日が続きますが、今年1年を振り返ってみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局業界、今年1番のトピックは何ですか?《前編》
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201612/549491.html

2016年12月14日

[日経DI]「薬学的視点に基づく会話」がなくてよいのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 電通が、「薬剤師意識調査」を初めて実施したとのことで、その内容が公表されています。大まかな内容については、ニュースリリースで確認できます。その中で、今回調べて分かった「主なファインディングス」として4つのことが挙げられています。ちょっとおもしろい結果が出ているので、簡単に紹介したいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「薬学的視点に基づく会話」がなくてよいのか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201612/549400.html

治療薬ハンドブック2017 薬剤選択と処方のポイント 特典アプリがついています


 4840749078

2016年12月06日

[日経DI]高齢になれば薬剤師免許は返上すべき?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 このところ、高齢者による自動車事故が取り上げられることが増えてきています。高速道路を逆走してしまったり、集団登校中の小学生の列に突っ込んでしまうなど、事態は深刻です。こうした事故は必ずしも高齢者に限った話ではありませんし、高齢者の事故率が高まっているわけでもないでしょうから、恐らく高齢者の絶対数が増えたためでしょう。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:高齢になれば薬剤師免許は返上すべき?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201612/549279.html

2016年11月29日

[日経DI]薬歴を記載する姿を患者さんに見せるべきか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 「よく覚えているね!」「そんなこと話したっけ!」患者さんから時々このような言葉を掛けられます。個人で開局しているのであれば、顔を見れば何の薬を飲んでいて、何曜日の何時ころ受診するか、家族構成はどうかなど、患者さんのことをかなり把握できるという方は少なくないと思いますが、さすがに全てを覚えている方はいないのではないでしょうか。薬歴に患者さんの記録を残しているからこそ、こうしたことが可能になります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬歴を記載する姿を患者さんに見せるべきか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201611/549161.html

十文字革命 電子薬歴への提言 〜佐谷圭一の「かかりつけ薬局」講座〜


 4840813035

2016年11月22日

[日経DI]日本の薬剤師界にいる“隠れトランプファン”

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 アメリカの大統領選挙の結果、大方の予想を裏切って誕生したトランプ次期大統領。「トランプショック」だの「トランプリスク」だのといわれることも多く、選挙中の挑発的な言動などから、「大統領になったらどうなるのか」と当のアメリカ国民だけならず、世界中が注目していました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:日本の薬剤師界にいる“隠れトランプファン”
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201611/549079.html

2016年11月17日

[日経DI]かかりつけ算定しない薬局は淘汰されるべきか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、総合メディカルがかかりつけ薬剤師の同意書を1万5679件取得しているということがニュースになっていました。かかりつけの届出をした薬剤師が646人とのことですから、単純に計算すると、1人当たり約24人の「かかりつけ薬剤師」になっていることになります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:かかりつけ算定しない薬局は淘汰されるべきか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201611/549011.html

2016年11月09日

[日経DI]薬を持ち帰る袋、私がこだわった訳

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回のコラムでは、プラスチック製の茶碗を使っていたとんかつ屋が閉店してしまったことを引き合いに、薬局の「器」について考えてみました。主にハード面についてでしたが、今回は別の観点、コストを削減する点から考えてみようと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬を持ち帰る袋、私がこだわった訳
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201611/548947.html

2016年11月01日

[日経DI]薬局にふさわしい「器」とは?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 もうだいぶ前のことになります。外出した際、食事を取るために通りかかったとんかつ屋さんに入りました。とんかつといえば、定食を頼むと1人1000円では到底収まりませんので、お財布にとってはやや痛手です(笑)

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局にふさわしい「器」とは?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201611/548845.html

アルゴリズムで考える薬剤師の臨床判断 症候の鑑別からトリアージまで


 4525702915

2016年10月26日

[日経DI]調剤権と処方権の格差の元凶は薬剤師会にあり

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2016年10月9、10日に愛知県で行われた日本薬剤師会の学術大会。今回、私は出席できず、どんな発表やポスターがあったのかはフェイスブックで断片的にチラ見した程度。また主な内容についても、報道などで知るのみでした。その中で気になったのが、健康保険組合連合会の幸野庄司氏が調剤権について触れたこと。非常に興味を持って読みました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤権と処方権の格差の元凶は薬剤師会にあり
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201610/548778.html

歪んだ権威 密着ルポ日本医師会~積怨と権力闘争の舞台裏


 4902968215

2016年10月18日

[日経DI]処方数量ランキングデータをどう活用するか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、厚生労働省が医薬品の処方数量ランキングデータでもあるレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)のオープンデータを公表しました。一度公表されたものがウェブサイトから一時的に取り下げられるなど、ちょっとしたトラブルもあったようですが、現在はしっかりと公表されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:処方数量ランキングデータをどう活用するか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201610/548707.html

あるある症例から学ぶ!薬学的思考トレーニング


 4524259848

2016年10月12日

[日経DI]向精神薬指定、投与日数が最大の関心事とは

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 エチゾラム(商品名デパス他)とゾピクロン(アモバン他)が向精神薬に指定されることが決まり、施行は10月14日と、今週の金曜日が予定されています。業界の中でもちょっとした話題になっていますね。今回はそれについて取り上げてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:向精神薬指定、投与日数が最大の関心事とは
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201610/548610.html

検査値×処方箋の読み方 よくあるケースに自信をもって疑義照会する!


 4840748942
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...