新着記事


2017年12月29日

「薬剤師的にどうでしょう」2017年記事一覧

「薬局にソクラテスがやってきた」2017年記事一覧を見て、「そうか、もうそんな時期か!」と私もブログ納めです。昨年はどうだったのかなと見てみましたら、私はブログ納めをしていなかったのですね……。

ここ数年、ブログの方はすっかり更新頻度が落ちてしまって、またコラムの方もクオリティ的にどうなのだろうといろいろ考えることもあります。長く続けることによるマンネリも当然あるでしょうね。仕事や私生活でも状況が変わってくる中、腰を据えてモノを書くことが出来る、その当たり前のありがたさというものも感じた一年でした。

「薬剤師的にどうでしょう」の記事は今年10月に連載400回という一つの節目を迎えました。いつもお読みいただいて本当に感謝申し上げます。コメントは最近は拝見するだけになっており、お返しできなくて申し訳ありません。

祝連載400回!熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/editors/201710/553067.html

今年は全部で46本の記事がアップされました。よろしければまたご覧になってみてください。

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2017年12月28日

[日経DI]院内処方と院外処方の使い分けは問題あり

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2017年も残すところあとわずかですね。2018年4月の診療・調剤報酬改定に向けた議論もここで中休みとなります。改定率が決まったことについては前回も少し触れましたが、その後、改定率がらみで出てきている、いろいろな話題について取り上げていきたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:院内処方と院外処方の使い分けは問題あり
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201712/554246.html

2017年12月20日

[日経DI]目立たない日常業務は評価されないのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 来春の診療・調剤報酬改定に向けて、議論がかなり具体的になってきています。12月18日には、診療報酬本体が+0.55%と決まり、「医科:歯科:調剤=1:1.1:0.3」という配分比率は維持されましたが、「いわゆる大型門前薬局に帯する評価の適正化」として、国費で60億円程度の引き下げが明記されました。果たして個々の点数はどうなるのでしょうか。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:目立たない日常業務は評価されないのか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201712/554138.html

2017年12月14日

[日経DI]「もうかっているから寄こせ」では残念すぎる

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 厚生労働省の社会保障審議会医療部会における「2018年診療報酬改定の基本方針」の議論についていろいろ報道されています。この部会で検討された基本方針は中央社会保険医療協議会(中医協)に送られ、中医協での議論に影響を与えるものです

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「もうかっているから寄こせ」では残念すぎる
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201712/554014.html

2017年12月06日

[日経DI]清掃会社の社長がお詫びに来て強く感じたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 私の薬局は数カ月に1回、定期的に専門の業者に入ってもらって窓や床などをクリーニングしてもらっています。もちろん普段の掃除は入念にしていますが、プロに依頼すると専用の機械や洗剤を使い、ピカピカに仕上げてもらえます。決して外見だけで判断してもらおうという気はありませんが、薬局にとって清潔であることは欠かせません。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:清掃会社の社長がお詫びに来て強く感じたこと
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201712/553855.html

2017年11月30日

[日経DI]薬局経営は大手がすべき? 個人がすべき?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2016年の調剤報酬改定から導入された「かかりつけ薬剤師」。来春の改定に向けて勤務時間などの要件が議論されていると聞きます。いまだに制度に対する賛否があり、薬局の方針として「算定しない」と明言しているところもあります。積極的に取り組んでいるのは、主に大手チェーンなど。特に月100回で調剤基本料1か4を算定できる「特例除外」がそれに拍車を掛けているようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局経営は大手がすべき? 個人がすべき?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201711/553793.html

2017年11月25日

[薬局新聞]求めることを汲み取った情報を提供

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第57回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL57


 引き続き、兵庫県姫路市の児島悠史先生にお話をお伺いいたします。

 ブログにも書かれています「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育で防ぎたい」。これが児島先生の活動理念だとお伺いしました。

「きちんと知っていれば…ちゃんと相談していれば…という後悔をする人が1人でも減って欲しいのです。Web上では医療デマが拡散されていることや、安易な個人輸入が蔓延していることは何とかしたいですね。無責任な情報の垂れ流しが増えていることも気になっています」

 ブログを通じて行う情報提供の際に、どのようなことを考えていらっしゃるのでしょう。

「歪んだ解釈をされないように説明を尽くしつつ、簡潔にわかりやすい文章を作ること、簡潔にしたことで「解釈の余地」を失ってしまわないよう文章を工夫することを心がけています。「ホームセンターにドリルを買いに来た人は、ドリルが欲しいのではなくて穴が欲しい」という有名な話がありますが、 薬について調べる人も、薬の詳細情報を知りたいのではなく、健康や安心が欲しいのだと思います。「つまるところ、何を求めているのか」を汲み取り、読んだ人の行動や考え・生活を良くしていけるような情報提供をしていきたいなと思っています」

 次回も児島先生の取り組みについてお伺いいたします。


2017年11月24日

[日経DI]1人薬剤師の薬局に求める機能が多過ぎ?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週の小欄で、政府の行政改革推進会議が行う秋の年次公開検証(秋のレビュー)について話題にしました。厳しい話になりそうだというのは事前に予想できていましたが、実際に見てみると、何というか、案の定という感じでしたね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:1人薬剤師の薬局に求める機能が多過ぎ?http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201711/553737.html

2017年11月14日

[日経DI]改定の時期になると、いつも落ち込みます

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 政府の行政改革推進会議が行う秋の年次公開検証(秋のレビュー)が11月14日から始まっています。何を行うかを端的に言えば、各府省の事業に無駄がないかを検証するというもの。今回は9府省の46事業について取り上げられるようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:改定の時期になると、いつも落ち込みます
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201711/553629.html

2017年11月08日

[日経DI]薬剤師への批判には反論するだけでよいのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 「医療費を食う薬剤師の不労所得」という記事が話題になっています。内容をざっとまとめると、薬剤師は調剤(に相当する仕事)なんかしていない。仕事をしていないから「不労所得」というべきで、それが医療費増大の原因となっている。もうけが大きいビジネスで、既得権で守られている、というような趣旨です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師への批判には反論するだけでよいのか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201711/553529.html

2017年11月04日

[日経DI]財務省の調剤報酬改定案に対する疑問

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2018年4月の調剤報酬改定に向けて、動きが出てきました。前回改定の際もそうだったのですが、まずは財務省が先行して案を提示しています。かなり詳細で突っ込んだ内容になっており、全体としてマイナス改定を主張しています。初っぱなから厳しさが予想されますね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:財務省の調剤報酬改定案に対する疑問
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201711/553450.html

2017年10月25日

[日経DI]オリンピックの薬剤師ボランティア、こう考える

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 東京オリンピックの選手村に設置される「選手村総合診療所」の薬剤師ボランティアが、大きな話題になっています。あるスポーツファーマシストによる問題提起が発端のようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:オリンピックの薬剤師ボランティア、こう考える
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201710/553348.html

2017年10月17日

[日経DI]私がお葬式に極力行くようになったきっかけ

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、古くからの友人のお父さんが亡くなり、お葬式に行ってきました。「結婚式のラッシュが過ぎると、年齢とともにだんだんお葬式に出る回数が増えるよ」なんていう先輩の言葉が思い出されます。ものすごく遠方だったり、どうしても都合が付かなければ、やむを得ず欠席することがありますが、お葬式には極力参列するようにしています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:私がお葬式に極力行くようになったきっかけ
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201710/553257.html

2017年10月11日

[日経DI]薬剤師が正しい情報を発信し続ける重要性

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ツイッター上で薬剤師が集まり、とある取り組みを始めました。名付けて「立てよ薬剤師」プロジェクト。薬学・医療・健康関連のブログを書いている有志の薬剤師が集結し、10月6日金曜日の午後9時に、ほぼ一斉に記事をアップしました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師が正しい情報を発信し続ける重要性
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201710/553176.html

2017年10月04日

「薬剤師的にどうでしょう」連載400回になりました

どうでしょうイラスト


かれこれ8年ということになります。日経DIに「薬剤師的にどうでしょう」という連載を持たせていただき、400回になりました。編集部でも上のイラストと共に記事にしていただきました。

祝連載400回!熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:DI Online
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/editors/201710/553067.html

8年400回続いたことに、何よりもこの私が驚いております。炎上することもあればスルーされることもあり、また舞い上がったり凹んだりと、長く書いていればいろいろありますが、読者の皆様にお読みいただけているからこそ、続けてこられたと感じています。改めてお礼申し上げます。

昔の文章を読んでみますと、よくこんなことが言えたな(書けたな)ということも多々あり、若さというものの恐ろしさを感じます。大先輩方から見れば、「この若造が何を抜かすか!」と感じることもしばしばあったことでしょう。

8年続いたということは、私も8年歳を重ねたということで、もう決して若手ではない年齢になってしまっております。ただその間に、情報発信できる環境はますます整い、多くの薬剤師が情報発信をしていることは嬉しい限りですね。

相変わらずのコラムではありますが、引き続きよろしくお願いいたします。

[日経DI]入会金免除で薬剤師会の加入者は増えるか?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 石川県薬剤師会がこの10月から12月末まで、つまり3カ月間限定なのですが、B会員の入会金を無料にする施策を実施しています。入会者を増やしたい、組織率を上げたいという同県薬の取り組みですが、何とかしようとの思いが感じられます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:入会金免除で薬剤師会の加入者は増えるか?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201710/553060.html

 

2017年09月27日

[日経DI]ヒルドイドの美容目的の処方はなくせるか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ヒルドイドソフト軟膏をはじめとした、ヘパリン類似物質を含む製剤の美容目的での使用が話題になっています。8月に一般紙で大きく報じられたのを機に、ネット上でもそれに対して様々な意見が述べられています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ヒルドイドの美容目的の処方はなくせるか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201709/552953.html

2017年09月21日

[日経DI]「服薬指導後の薬剤の配送は合法」の未来は?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 経済産業省が調剤の手順(薬局での事業フロー)について回答したことが話題になっています。DI Onlineでもニュースになっていましたね。薬局を監督・管轄する省庁はご存知のように厚生労働省です。しかし今回、回答を示したのは経産省。これがまた何ともまた面白い(?)ですね。とはいえ、関係省庁が検討を行ったとあり、今回は厚労大臣が規制所管大臣であると明記されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「服薬指導後の薬剤の配送は合法」の未来は?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201709/552869.html

2017年09月06日

[日経DI]コンビニに学ぶ、薬局が多様な機能を持つ時代に

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局としばしば比較されるコンビニ。私の個人的なお気に入りはセブンイレブンで、よく利用するのですが、最近のコンビニは「コンビニエンス(便利)ストア」の名前にたがわず、本当にいろいろなモノやサービスを扱っていますね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:コンビニに学ぶ、薬局が多様な機能を持つ時代に
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201709/552596.html

2017年08月30日

[日経DI]疑義照会で誤りを素直に認めた医師

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 普段、当薬局を利用していただいている70代男性の患者さん。先日持参された処方箋で確認の必要があったので、医師に疑義照会をしたときの話を今回取り上げます。時刻は13時過ぎ、お昼休みを取る医療機関が多いので、患者さんにも「もしかしたら電話に出てもらえないかもしれません」と伝えてから電話をしました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:疑義照会で誤りを素直に認めた医師
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201708/552520.html

2017年08月23日

[日経DI]敷地内薬局というビジネスモデルへの不安

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 全国各地に広がりそうな様相を見せている敷地内薬局ですが、敷地内というその形態に厳しい目が向けられていると感じているのは、私だけではないと思います。そんな中、鳥取県薬剤師会の会長自らが敷地内薬局に名乗りを上げ、優先交渉権を取得したことが話題になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:敷地内薬局というビジネスモデルへの不安
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201708/552443.html

2017年08月01日

[日経DI]緊急避妊薬のOTC化見送りで試される薬剤師

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 7月26日に開かれた医療用医薬品のスイッチOTC化を検討するための「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、緊急避妊薬レボノルゲストレル(商品名ノルレボ)が「時期尚早」として見送られたことが取り上げられ、話題になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:緊急避妊薬のOTC化見送りで試される薬剤師
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201708/552207.html

2017年07月25日

[日経DI]「見て盗む」、その根底にあるものとは

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今年の第I期の実務実習が終わりましたね。といっても、私のところで実習生を受け入れているわけではないので、SNSなどでそのことを知ったのですが。指導薬剤師の先生方の苦悩や喜びの声もチラホラ聞かれます。後進を育てるということ、それはとても大変なことだと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「見て盗む」、その根底にあるものとは
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/552136.html

2017年07月20日

[日経DI]薬局の副作用報告は医療機関と連名ですべき?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 厚生労働省の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会の第2回会合で、「医療関係者の副作用報告ガイダンス骨子」について議論されました。骨子はウェブサイト上でも閲覧ができ(同部会資料の参考資料7が骨子です)、副作用報告を促進するための医療機関と薬局の対応などについて書かれています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局の副作用報告は医療機関と連名ですべき?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/552080.html

2017年07月12日

[日経DI]7月にカイロを購入できるのはどこ?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 九州方面での大雨が被害をもたらしました。線状降水帯という言葉を初めて聞きましたし、「これまでに経験したことのない大雨」という表現にも、大きな不安と驚きを覚えました。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:7月にカイロを購入できるのはどこ?
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201707/552012.html


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...