新着記事


2019年03月06日

[日経DI]「幻覚が見える」という患者さんの相談を受けて

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

以前から薬局を利用してくださっている70代の女性。その日はやや憂鬱な面持ちで、ご主人と来局しました。「ちょっと相談があるのですが……」と切り出すので椅子をお勧めしました。詳しく話を伺うと、先日から「幻覚が見えるようになった」とのこと。また、ご主人は「夜寝ている間に、急に喋り出すこともあるんです」と心配そうに話しました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「幻覚が見える」という患者さんの相談を受けて
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201903/560059.html

2019年02月28日

[日経DI]薬の急配を頼まれて分かった、心配りの大切さ

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

同じ薬局で過ごすにしても、土曜日の午後は平日よりも時間の流れがゆっくりに感じる──。これは、多くの薬剤師が共有できる感覚なのではないかと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬の急配を頼まれて分かった、心配りの大切さ
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201902/559945.html

2019年02月20日

[日経DI]システムエラーに学んだトラブル対応の極意

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週の金曜日、いつもと変わらぬ朝を迎え、出勤しました。警備会社のセキュリティーを解除し、2カ所あるドアの鍵を開け、靴を履き替えて調剤室に入り、いつものようにレセコンやプリンタを立ち上げ、以前このコラムでもご紹介した鑑査システムを起動しました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:システムエラーに学んだトラブル対応の極意
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201902/559870.html

2019年02月14日

[日経DI]「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、耳鼻科診療所の処方箋を携えた70代女性の患者さんが初来局しました。その処方はこんな内容でした。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201902/559784.html

2019年02月06日

[日経DI]「コンビニより多い」薬局が果たすべき役割

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 しばしば「コンビニより数が多い」と比較され、揶揄(やゆ)される薬局。個人的には「コンビニより多いですが、それが何か?」くらいにしか思っていませんが、あまりいい気持ちがする話ではありません。今回は、その比較の意味するところについて考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「コンビニより多い」薬局が果たすべき役割
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201902/559674.html

2019年01月23日

[日経DI]「処方箋を捨てていいですか」と聞かれて

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 半年ほど前の話です。月に1回のペースで来局する60代男性に、恥ずかしながら窓口で激怒されました。普段は物静かな感じの方なのですが、その日は違いました。お薬の入ったトレーを持って名前をお呼びしたところ、まるで仁王様のような形相でこちらに向かって歩いてこられ、思わず私は身構えました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「処方箋を捨てていいですか」と聞かれて
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201901/559556.html

2019年01月18日

[日経DI]報酬による政策誘導は曲がり角?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、時期によってチケットの価格を変える「変動価格制」を導入しました。これまで一律だった入場料を、閑散期は安く、繁忙期は高く設定することで混雑を緩和し、顧客満足度の向上につなげるとしています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:報酬による政策誘導は曲がり角?
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201901/559485.html

2019年01月09日

[日経DI]ユニクロのセルフレジに薬剤師の未来を見た

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。休み明けの再始動に少し時間がかかりそう……という方も少なくないかと思います(かく言う私もその1人です)。本年も「薬剤師的にどうでしょう」をよろしくお願いいたします。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ユニクロのセルフレジに薬剤師の未来を見た
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201901/559391.html

2018年12月28日

[日経DI]逆風の中でも信念は曲げず

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 私の薬局がある諏訪市には、諏訪湖という大きな湖があります。先日の12月19日、今冬第1弾となる白鳥が飛来したと地元の新聞で話題になっていました。1974年から45季連続の飛来とのことで、地元では「諏訪湖白鳥の会」が組織されており、白鳥のために落ち着いた環境を作るよう呼び掛けているそうです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:逆風の中でも信念は曲げず
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201812/559233.html

2018年12月19日

[日経DI]「初回質問票を書きたくない」と言われて

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日来局した、60代とおぼしき女性。薬局に入ってくるなり「この薬あるかしら」と処方箋を差し出しました。挨拶をしてもニコリともせず、この段階で既に嫌な予感しかしなかったのですが、まずは受け取った処方箋を確認。そこには1剤のみ記載されていました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「初回質問票を書きたくない」と言われて
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201812/559127.html

2018年12月13日

[日経DI]漢方薬の番号と方剤名、幾つ覚えていますか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、薬局で働いているという方と話す機会がありました。その方は薬剤師ではなく、受付や入力をする、いわゆる調剤事務の仕事をしています。業務の話題が中心だったのですが、ふと、「うちの先生(薬剤師)はすごいんです!」と優秀であることを力説し始めました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:漢方薬の番号と方剤名、幾つ覚えていますか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201812/559079.html

2018年12月05日

[日経DI]「薬剤師体験イベントは無駄」に物申す

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 秋になると、各地でいわゆる「健康祭り」というイベントが開催されているようですね。最近は地域の薬剤師会や地元の薬局などが、子どもたちを対象に「薬剤師体験」を企画することが増えているようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「薬剤師体験イベントは無駄」に物申す
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201812/558897.html

2018年11月28日

[日経DI]スタッフは上司の背中を見て育つ

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 私の薬局のスタッフに、Aさんという方がいます。業務的には既にベテランとも言える働きをしてくれて、私も全幅の信頼を置いているのですが、ここのところ患者さん対応で少し気になることが増えてきました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:スタッフは上司の背中を見て育つ
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201811/558806.html

2018年11月21日

[日経DI]「後発品80%以上」の目標をクリアするには

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 定期的に眼科にかかっている50代の男性患者さん。先日、お薬をお渡しする際に「この目薬にはジェネリック(後発医薬品)はありますか? 健康保険組合からジェネリックへの変更の案内が来たのですが…」という相談を受けました。処方箋に記載されたのは「キサラタン点眼液0.005%」で、変更不可の欄にチェックが入れられています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「後発品80%以上」の目標をクリアするには
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201811/558743.html

2018年11月15日

[日経DI]車選びの相談で考えた、選ばれる薬剤師の条件

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、十年来の知人から連絡が入りました。近々、車を買い替えたいので相談に乗ってほしいとのこと。私が以前、自動車ディーラーに勤務していたことを知っての頼みですので、二つ返事で引き受けました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:車選びの相談で考えた、選ばれる薬剤師の条件
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201811/558681.html


2018年11月08日

[日経DI]患者さんから学ぶ「老い」との付き合い方

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 唐突な話ですが、私自身、アラフォーと呼ぶにはちょっと厳しい年齢に差し掛かってきて、日々“老い”を実感することが増えてきました。例えば、昔は平気で徹マン(徹夜で麻雀)できていたのが、このところ夜遅くまで起きていられないとか、夜更かしした次の日は朝から辛いとか。あるいは、お昼ご飯をたくさん食べると夕飯が食べられなかったり、夜遅くに食事をすると翌朝胸焼けしたり。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:患者さんから学ぶ「老い」との付き合い方
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201811/558539.html

2018年11月01日

[日経DI]現場に何のメリットが? 不可解な「共同販売」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 医薬品業界には、非常に複雑な仕組みがあるようです。同じ成分を含みながら、複数の会社が異なる名前で先発医薬品として販売するいわゆる「一物二名称」の問題は以前にも話題にしましたが、今回また違ったややこしい話に直面しました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:現場に何のメリットが? 不可解な「共同販売」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201811/558482.html

2018年10月24日

[日経DI]医療機関のクチコミ情報は信頼できるか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 インターネットが広く普及して、世の中大きく変わったなと思います。ネット上の「クチコミ」はその代表例の1つでしょう。私自身も、飲食店やお店を選ぶときによく利用しますし、特に初めて利用するお店は、訪れる前からその「クチコミ」でかなり印象が左右されます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医療機関のクチコミ情報は信頼できるか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201810/558351.html

2018年10月18日

[日経DI]生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日も話題にしましたが、今月(2018年10月)から生活保護を受給している患者さんの処方は、後発医薬品での調剤が原則とされましたね。読者の皆様の薬局ではどんな様子でしょうか。幸い、私の薬局では大きなトラブルは生じていませんが、ネットでこの件に関連して不快な思いをした人の声が大きな反響を呼んでいました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201810/558221.html

2018年10月12日

[日経DI]「おくすりカウンター」経営破綻を耳にして

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 「スマホで受け付け、駅で受け取り」をコンセプトとした調剤薬局、「おくすりカウンター」の運営会社が、9月末に経営破綻したことがニュースになっています。規模は違いますが、私も過去に薬局を畳んだ経験がありますので、非常に心が痛むとともに、この会社の経営者や従業員の方の気持ちが少し分かるような気がします。おこがましいとは思いつつ、「おくすりカウンター」がうまくいかなかった原因について、私なりに考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「おくすりカウンター」経営破綻を耳にして
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201810/558156.html

2018年10月03日

[日経DI]「週休3日の薬剤師」もアリだと思う今日この頃

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、つけっぱなしにしていたテレビから、「週休3日という働き方を提案している」という話が流れてきました。ちょっと気になって目を向けてみると、その週休3日を「まずは薬局で働く薬剤師から取り入れている」などと話しています。えっ、と思って、その番組を見始めました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「週休3日の薬剤師」もアリだと思う今日この頃
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201810/558049.html

2018年09月27日

[日経DI]卸の“調剤提案”に感じた、いら立ちと気付き

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、当コラムで話題にした、使用期限の短いナウゼリン細粒1%。実は気になってメーカーにも確認したのですが、「使用期限が半年を切るものは市場に流通しないようにしている」という返答をもらいました。なるほど、メーカー側も(各社基準はあるにせよ)そういった部分に配慮しているのですね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:卸の“調剤提案”に感じた、いら立ちと気付き
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201809/557934.html

2018年09月20日

[日経DI]使用期限が1年を切っている薬が納品されたら

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日のことです。備蓄していない医薬品が処方されるというのは唐突なもので、ナウゼリン細粒1%と記載された処方箋が持ち込まれました。某医薬品卸に発注したところ、入荷は翌日とのこと。患者さんに確認すると、まだ自宅に手持ちの薬があるとのことで、そのまま手配をお願いしました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:使用期限が1年を切っている薬が納品されたら
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201809/557855.html

2018年09月14日

[日経DI]薬剤師の心にぐさりと刺さる、こんな一言

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局で仕事をしたことがある薬剤師であれば、患者さんと話をしている中で、良かったなと思ったり、薬剤師冥利に尽きる一言をもらったりしたことがあるかと思います。私もそのような時は本当にうれしくて、その日は1日中、小躍りしながらピッキングをしています(笑)。

 その一方で、ショックな事を言われる時もありますよね。そんな薬剤師の心にぐさりと刺さる、患者さんからの一言を並べてみました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師の心にぐさりと刺さる、こんな一言
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201809/557773.html

2018年09月06日

[日経DI]生活保護の後発品原則化、現場はやはり心配

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 10月1日まで、残り1カ月を切りました。薬局で働く身としては、この日以降のことが少し気がかりなところです。そう、来る10月1日は、生活保護の患者さんの処方が原則として後発医薬品になるのです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:生活保護の後発品原則化、現場はやはり心配
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201809/557685.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...