新着記事
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20
07/17
07/17
07/11
07/04
06/28
06/27

2015年01月13日

OTC医薬品のアダムとイブのお話

4121021886


イブAと言えば、かなりメジャーなOTC医薬品で指名買いもあるほど。「頭痛にはイブAじゃないと効かないの!」という方も少なくないのでしょう。

そのイブAのジェネリック医薬品的な位置づけに、何とアダムAという医薬品があるということ、皆さんご存知でしたか。取り立てて新しい話でもないのですが、ギャグにしては面白すぎると(いや、ギャグではなくて本当にあるのですが)、実物を取り寄せてみました。

まずは本家、イブAからご覧ください。見慣れたパッケージですね。

イブA

そして裏面がこちら。無駄にweb2.0っぽく撮影してみました(古いっ!)。

イブA

成分を見てみますと、イブプロフェン150mg、アリルイソプロピルアセチル尿素60mg、無水カフェイン80rと記載されていますね。

イブA

箱を開けてみますとこんな感じ。

イブA
イブA


そして続いてはアダムA。今回は24錠包装が入手できず、48錠包装です。

アダムA

裏面がこちら。

アダムA

成分はイブAと同じく、イブプロフェン150mg、アリルイソプロピルアセチル尿素60mg、無水カフェイン80rです。

アダムA

中身はこんな感じ。

アダムA
アダムA

さて、イブAアダムA、いや、アダムAイブAを比べてみます。

アダムAとイブA

これぞ正真正銘、「アダムとイブ」です!(無駄に縦積み)

アダムAとイブA

PTPはいずれも12錠。こうしてみますと、先発とジェネリックだなという印象をひしひしと受けます。

アダムAとイブA

そうそう、アダムAの箱には開封年月日を記載する欄がありました。

アダムA

近年、医療用医薬品の後発医薬品は一般名が原則となって、特徴的な名前がなくなってきています。医療安全のためにはもちろん必要なことなのでしょうが、実は一抹の淋しさも感じていました。

そんな中、OTC医薬品でこうしたユニークなネーミングを見ると、ちょっとホッとしますね。皇漢堂には引き続き、そんなところでも頑張ってもらいたいと思います。

アダムとイブ(コスチューム)

 B000GJCP3U

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111753474


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...