新着記事
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20
07/17
07/17
07/11
07/04
06/28
06/27

2009年08月30日

[広島県医師会]ジェネリック医薬品に関するお知らせ

広島県医師会1


広島県医師会が「ジェネリック医薬品(後発医薬品)に関する広島県医師会からのお知らせです」というポスターとチラシを作成したことが話題になっています。 

広島県医師会:「ジェネリック医薬品(後発医薬品)に関する広島県医師会からのお知らせです」
http://www.hiroshima.med.or.jp/news/2009/news20090805.htm

冒頭の画像がポスター、それからこちらの画像がチラシです。カラーか白黒か、またデザイン的な違いはありますが、内容的には同じものですね。

広島県医師会2

目立つ部分を抜き出してみました。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品と全く同じ製剤ではないのです

ジェネリック医薬品には安全性と有効性が異なる可能性もあるのです

ジェネリック医薬品に適していない医薬品があり、これが安易に使われている可能性があるのです

ジェネリック医薬品を選ぶかどうかの最終決定は、薬局での患者の皆様の判断にゆだねられる場合が格段に増えることになったのです


全般的にジェネリック医薬品に対してネガティブな印象を与える論調がうかがえます。最終的には、

かかりつけ医や薬剤師とご相談の上、ジェネリック医薬品への変更か否かをお決めになりますようにお願い申しあげる次第です


と結ばれています。

これに対して日本ジェネリック医薬品学会は、広島県医師会宛てに見解を送付しています。

日本ジェネリック医薬品学会:「ジェネリック医薬品に関する広島県医師会からのお知らせ」に対する日本ジェネリック医薬品学会の見解について(pdfファイル)
http://www.ge-academy.org/img/semi10/semi2010info.pdf

見解文の中では、

添加物について

ジェネリックの承認・試験方法について

医薬品副作用被害救済制度について


の3点に分けて、広島県医師会の見解に反論しています。更に

現在の医薬品の有効性、安全性を保証している体制に対する誤解、または認識を欠かれたまま、科学的行動を主唱されること


に対して遺憾の意を表するとともに、

驚きと同時に憤怒さえ覚える


と結ばれています。こうして読んでみますとかなり強い調子で書かれているのが分かりますね。

広島県医師会がこのような「お知らせ」を出したことについて考えてみたいと思います。理由の全てではないかもしれませんが、一つに呉市の存在があるのではないでしょうか。

呉市は地方自治体としては全国に先駆けて「ジェネリック医薬品促進通知サービス」を実施しています。即ち、呉市の国保加入者に対して「ジェネリックに変えませんか?」という通知を出しています。

呉市:ジェネリック医薬品促進通知サービス
http://www.city.kure.hiroshima.jp/kureinfo/shisei080916_0200.html

こんな通知が出されているようです。

呉市GE促進サービス
ジェネリック医薬品使用促進のお知らせ

これは推測の範囲を出ないのですが、上記通知が医師の「頭の上」を通る形で患者の手元に渡り、薬局で後発医薬品への変更が行われ、蚊帳の外となった医師がお冠となり、医師会から「お知らせ」が出されたのではないでしょうか。

ネガティブキャンペーンを行ってしまう医師会については、首を傾げたくなる部分もありますが、どこかで「またか(苦笑)」という思いもあるかもしれません。

最も心配なのが、医師と患者の信頼関係が壊れてしまうことです。それによって患者が不利益を被るようなことは、絶対にあってはならないことです。

呉市はモデルケースとして全国からの視察も多いと聞きますが、ジェネリック医薬品促進通知サービスを行うに当たって医師会や薬剤師会との折衝がどのように行われたのか、大変興味があるところです。


(関連リンク)

アポネットR研究会:後発品は有効性や安全性が異なる可能性がある(広島県医師会)
http://www.watarase.ne.jp/aponet/news/090822.html


(関連記事)

2008/06/05 [呉市]後発品使用、まず市職員から
http://blog.kumagaip.jp/article/15724828.html

この記事へのコメント
これに関してはうちの薬局でも物議を醸し出しています。
大胆行動だなぁ、という感想です

呉市の件も関わっているのかもしれませんが要は医師が個人レベルで判断して処方箋にサインをすればいいだけのことと思います
同じ県内でも推進派と反対派がいると思いますが団体レベルでやっちゃうのはどうかと思いますね。

今後の周囲の反応に注目です。
Posted by uuu at 2009年08月30日 09:58
いつもリンクありがとうございます。

中国新聞に掲載された記事をみると,「市と医師会、薬剤師会などで準備組織を設置済みで、医師や薬剤師らへのアンケートや、より安心安全な後発薬の調査もした。」と記されていて,開始にあたってはかなり話し合いが行われれていたことがうかがわせます。

あなた向け安価な薬、市が紹介 呉がジェネリック情報通知へ
(中国新聞2008年2月14日)
 http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An200802140269.html

しかし,いざ始めたら「呉市医師会の調査では、「効きが良くない」などの理由で先発薬に戻した例もあったという」(中国新聞社説)など,後発品への品質に対しての不安や懸念が出て,それが県全体に広がったことが今回のポスター作成に至ったのではないかと考えます。

呉市の後発薬通知 患者主体の運用目指せ
(中国新聞社説2008年8月18日)
 http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200808180078.html

いずれにしても,厚労省ポスターの「効き目と安全性は,先発医薬品と同等です」という説明とは異なるわけですから,広島県の開局薬剤師は対応に苦慮しているのではないかと想像します。

問題があったと思われる後発医薬品名を公表し,個別に検証するなどの対応をスピーディーに行うなどしないと,不安や不信感が除去されないかもしれませんね。
Posted by アポネット at 2009年08月30日 10:40
実際に呉で働いていますが、医師会のコメントの影響はまだないですね。

通知に関しては、薬局でじっくり話をして、本人が「変更しない」と意思を固めても通知が続いたり、一品目変更した後も通知が続いたりという状況があり、それが患者さんにとってはかなりプレッシャーみたいです。
「通知が来るのがつらいから変更することにする・・・」と言われることもあります。
まだまだ、システムに改善の必要性があるとは思います。患者さんが何らかの形で市に対して意思表示できればいいのですが・・・。通知に対する返信ができればいいですね。

実際、この通知があるので呉のGE使用率が高いかと言えば、今のところそうでもないと思うのが実際です。
Posted by 匿名希望 at 2009年08月31日 20:43
>皆様
様々なお立場からご意見、情報提供いただきありがとうございます。

私の推測は当てにならないとして…(苦笑
しかし広島県医師会の目的は一体何なのでしょうか。明確なビジョンを持っての行動だったのでしょうか。

匿名希望様の書き込みを拝見する限り、医師会の「お知らせ」の影響はなさそうですが、システムに改善の余地もありそうですね。
Posted by くま☆ at 2009年08月31日 23:07
>匿名希望さん

書き込みありがとうございます。

>一品目変更した後も通知が続いたりという状況があり、
>それが患者さんにとってはかなりプレッシャーみたいです。
>「通知が来るのがつらいから変更することにする・・・」
>と言われることもあります。

繰り返し送付されるんですか? これだって国保の予算から出ているんでしょう

「あなたが高い薬を使っているので,医療費を圧迫している」と思わせているみたいで,何度も受け取る方はあまりいい気持ちではありませんね。

ジェネリックについて十分理解できない人や,ジェネリックは使いたくありませんという人はいるわけで,そういう人たちまで無理矢理変更させるために機械的に送付を続けるのはどうかと思います。

本当に薬剤費を抑制したいと考えるならば,適応外の使用を一切認めない,必要以上の処方(湿布をたくさんだとか風邪になったときの予備になど)がされていないかなど,処方そのものへのチェックも必要だと思うのですが。(医師に処方の侵害といわれそうですが)
Posted by アポネット at 2009年09月01日 00:07
日本語の意味が広すぎて。
「同じ」の意味も受け取り方によって結構開きがあると思います。
薬なんですから、国が同じと言うなら、100%(かぎりなく)であって私は初めて同じと使って欲しいと思います。ですから、広島のポスターにはうなずけます。
しかし、現状は一部試験で70%以上(違ってたらすみません)で同じって言ってません?
それが許せるか許せないかの違いではないでしょうか?

日本国民は健康保険法施行規則などに縛られる前に日本国憲法によって自由を保障されていたはずです。
国が直接でないとしても、国から保険者への異常とまでいえる圧力はおかしいと思います。
「先発が欲しい」との患者の意志もあるのですから。
療養担当規則で官僚統制を医療機関にしてるからと言って、国民を操れると思うのはおかしい。

医療費の抑制の観点で確かにジェネリックは有効でしょうけど、ジェネリックでなければできない話ではありません。
アポネット様があげておられるように、色んな対策を立てるべきです。

今在宅の勉強をしてますが、残薬の本当に多いこと!
それに適応外は医療保険で支払うべきではありません。
医師の裁量権で処方するなら自由診療で、それが混合診療になるなら、別に研究費として、文部科学省へ請求して下さい。
適応外を言い出すのは、開業医でなく、ほとんどが、旧国公立病院なんですから。
Posted by ぽんた at 2009年09月01日 07:22
もう1点ありました。
不安定供給!
先発で、突如大量に製造止めました。ってのもあまりありませんね。
自分が薬局で推奨された薬が、メーカーの都合で製造中止になって、結局また先発になったり・・・患者さんの立場になれば、ジェネリックへの不信感高まりますね。
そんなことがあれば、もう二度と変えたくないって思うんじゃないですか?
先日のサワイの態度見てると、今後これは増えそうだし。
国も推奨するならきちんと体制を作ってからにして欲しい。
4日以内の供給、うちはまだ1週間かかりますし。
Posted by ぽんた at 2009年09月01日 07:53
今回の広島県医師会の行動は全面変更不可にしている医療機関に対して指導が入るということに対する反発だと考えます。薬局も変更に対し拒否する薬局にはペナルティと言ってますからね。自分の薬局は先発品と後発品の違いをきちんと患者に伝えてますが、それでも変えてくれという人は過去に一人だけでした。よって変更する事は全くありません。指導に来るならどうぞとうスタンスです。ケナコルトA軟膏とトリシノロン、プルゼニドとセンノシド錠タイヨ−、ヒルドイドローションとビーソフテンローションとかは明らかに異なりますし違うものをあげればきりがありません。キプレスとキプレスチュアブルで適応が異なったりするから難しいです。
Posted by 三日月 at 2009年09月01日 18:50
日本ジェネリックソ医薬品学会の反論もどうでしょうね
薬剤師の大半が疑ってることが誤解で認識を欠くことなのか・・・

ぶっちゃけ医師会じゃなくて薬剤師会が出してもいい声明だと思いますね
医師がゾロ薬に対しこれだけ憤りを感じていて何も言わない薬剤師相変わらず空気だな、って私が一般人なら思うけどw
Posted by 通りすがり at 2009年09月01日 20:04
>皆様
コメントありがとうございます。
なるほど、様々な角度から見ることでいろいろと考えさせられますね。

そもそも後発医薬品を先発品と「同じ」と言ってしまうから問題なのであり、「治療学的に同等かどうか」という観点から考えなければならないでしょう。

「限られた財源を有効に使う」というのであれば、もっと大きな視点から考える必要があるのは皆様もご指摘のとおりです。
Posted by くま☆ at 2009年09月01日 22:53
呉市の態度は正当なものだと思いますよ。
支払いする市町村からみれば、安いほうがいいし、自己負担0割の人がブランド品、自己負担がある人がジェネリックを選択しているという逆転現象が出ています。高額な保険料を支払っている人が安い薬、全く払っていない人が高額な薬を使用している実態はおかしいです。
Posted by cockie at 2009年09月03日 22:50
>cockie様
コメントありがとうございます。
確かに、窓口負担がない人はコストを意識しませんから、その辺りは考えなければならない部分ですね。
Posted by くま☆ at 2009年09月04日 02:37
そうなんですよね・・・・
でも確かこれって、公費をジェネリックにって言ったら弱者をいじめるとかって反発があって撤回したんじゃなかったでしたっけ?

財務省主導で、常に「金」で医療現場が語られるのは遺憾です。
年金も医療も「支えあい」「厚生」のためにあるべきで。

以前指導受けたとき、施設の患者さんで、それこそプルゼニドぐらいしか出てないって人が何人かいたら、処方率が多いものを言われるので案の定、耐性が出来るとか何とか、まあくだらないことを主張するので・・・・・

でもその時も思ったんですが、高い高い保険料払って、施設入ると年金でほとんど毎月のお金取られてしまうのですから、安い薬ぐらい医療保険で出すのが何故悪いんだろう・・・・って。その時は負担なし、でしたから。1ヶ月分1回払えばOK。

しかし、財源がないのも(一応)わかってはいます。
でも、上記のように、昔の年寄りって1ヶ月に1000円払えば、医療費の負担ゼロで・・・
高齢者が増える将来、こんなことしてたら破綻するのは、賢いお役人は何故わからなかったんでしょうね?

と、話があっち行ったりこっち行ったりですみません。
でも、財源の破綻の戦犯は霞ヶ関と思います。
また、ジェネリック推進で、将来薬害だったと言われる例が1例もないことを願います。

全てに公平なのは永遠に難しい話とは思います。
今常に厚労省中心で動いてますが、医療費削減=ジェネリックで本当にいいのか、もっと医師とともに考えるべきと思います。
Posted by ぽんた at 2009年09月04日 08:42
 ジェネリック推進で、将来の医療費問題を防げない事も、明らかです。 確かに、先発の薬価が維持され、それによる支出をジェネリックに切り替える事により下げる事が可能という事に飛びついたわけですが、それならば何故同一薬価にしないのか?
 モデルになった米国は、自由競争を唱えつつ、実態は民間医療保険の採用の可否により使える薬が制限されます。 特許が切れてジェネリックが出れば先発の価格は大幅の下落します。
 霞ヶ関を戦犯とするならば、行為に追い込んだ国会は、そしてそれを選任した国民はという、話も思い出して欲しいと考えるのはいけないでしょうか?
Posted by まいける at 2009年09月04日 10:51
ジェネリックって品質の不信感があるのも事実。
あるジェネリックを廃棄するときに水で溶かしてみたが溶けない!!じゃあ、お湯だ
!!アルコールだ!!といろいろ試した経験あり。
先発と違うんだなとおもいましたよ。
実際、試してみないとわからないですよね。
ちなみにベイスンODのジェネ、MEEK製はトーワ製より柔らかいと患者が言っていました。
メーカーもせめて溶解試験くらい動画でアップしてほしいよね。
薬剤師会が中心となっていろいろチェックしてみたほうがいいと思います。
Posted by cockie at 2009年09月04日 20:23
>皆様
コメントありがとうございます。
ジェネリック推進を医療費抑制の本命とすることには確かに違和感を感じる部分がありますね。しかしジェネリック医薬品全てを否定することとは分けて考えねばならないと思います。

制度的な問題なのか、歴史的な問題なのか、それとも個々のメーカーや銘柄が抱える問題なのか。もちろんリンクする部分も少なくはないでしょうが。
Posted by くま☆ at 2009年09月06日 03:50
これはすごい、便利。健康管理が簡単に正確にできるぞ!

http://atkarada.jp/generic

携帯にお願いシートが送信できる!

http://atkarada.jp/medical_examination/user
Posted by オタク at 2009年09月19日 22:05
連休で帰省した折に見たのですが、先日実家へ送られてきた家族宛の国保保険証と一緒に初めて一枚の厚紙が入っていました。もし画像が必要でしたらメール添付でお送りできますのでお申し付け下さい。記載されている文章を書きます。
表面(医師・薬剤師の皆様へ)
ジェネリック薬品お願いカード
私はジェネリック薬品を希望します(超太字)
国保のイメージキャラクター? の笑顔の画像
F市国民健康保険
裏面 被保険者の皆様へ
(ジェネリック医薬品に関するお問合せ先)
広島県薬剤師会(お薬相談電話)その番号
F市薬剤師会 電話番号
F市国保年金課
カード部分のみ切り取って保管してあります。
台紙には、これを受診時に提出するよう促す内容の文面が書かれていたそうです。私も自分の場合はつい「ゾロでお願いします」などと言ってしまうことがありますが、家族がこのカードを出すのを想像すると、さすがに考え込んでしまいました。。余談ですがF市は岡山県に隣接しており広島県医師会に加入されていない先生も多くおられるようです。
Posted by 今回のみ匿名で御容赦下さい at 2009年09月23日 16:21
私は協会健保ですが、ジェネリックお願いカード来てます。他でも出しているのではないでしょうか?

先日来局された患者さんが、このカードを出されました。
ジェネリック変更不可の処方箋だったのですが、念のため、1品目はすでにジェネリックで、1品目はジェネリック無し、のこり1品目はジェネリックが存在するがこの処方箋では変更できないことをお伝えし、納得していただきました。どうしても希望される場合は、病院で伝えてくださいと付け加えました。

このカードがあると、確かに患者さんは希望を伝えやすいでしょうね。
Posted by SAM at 2009年09月23日 22:48
>お二方
コメントありがとうございます。
カード利用の効果、確かにありそうですね。しかし「何か分からないけど、保険証と一緒に入っていたものだから大事なんだろうし、とりあえず窓口に出さなくちゃ!」という誤解にもつながりそうです。

それがきっかけでジェネリックについて理解が深まる、というのも、それはそれでアリなのかもしれません。何かしらの副次的効果もありそうですね。
Posted by くま☆ at 2009年09月24日 23:14
メッセージありがとうございます。
台紙ともう一枚同封書類がありましたので恐縮ですが追記させて頂きます。「役所関係の書類は封筒さえ捨てない」という姿勢を老いた親から教わったシルバーウィークでした。
・台紙には「切り取ってご使用下さい」のみ
・「ジェネリック医薬品お願いカード」を送付しますという文書
その中盤の部分「一方、ジェネリック医薬品は新薬の特許期間の終了後に新薬と同じ『主成分』を使って製造されるものです」
(『』は投稿者による)
ここはやはり、正しいだけに、良くも悪くもひっかかりますね。。
最後に「ジェネリック医薬品を希望される方はカードを医師・薬剤師に提示してご相談下さい」と結んでありました。決してカード提示を必ずしも被保険者に促す内容では無かったです。皆様とF市にお詫び致します。
Posted by 補足と訂正です@9月23日16:21投稿者 at 2009年09月25日 14:41
私は広島県人として恥ずかしい。広島県のお医者さんが自分の私利益だけで仕事をしてるさまが暴露された気がします。患者の負担増や国の予算を増やしても自分達の利益を確保したい。何と情けない。今私はジェネリック薬を使ってますが効果は十分です。厚生労働省が許可した薬が効かないなど、広島のお医者さんのおごりがあります。こんな世界で何が起きているか読めない、島国根性だけでしか問題を把握出来ない化石の様な医師会の役員さんは早く辞めたほうがよいのでは?
Posted by 正義 at 2010年09月08日 23:49
>正義様
コメントありがとうございます。
医師会の構成員が個々の医師なのですが、個々の医師と医師会というのは必ずしもベクトルが同じではないと感じます。

医師会は医師会なりの「大人の都合」みたいなのがあって、こういったポスターやチラシの作成に踏み切ったのでしょう(詳しい事情は存じ上げませんが)。
Posted by くま☆ at 2010年09月09日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31720435


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...